So-net無料ブログ作成

激安・格安なんて目じゃない!お金儲け海外旅行術!で人生が変わる!とLDトラベル ハワイ旅行 格安 安心 気候 服装 お店


どもども!毎度こんにちは。



今日も激安・格安なんて目じゃない!お金儲け海外旅行術!レビュー特集中です(^^)

↓↓

優良教材激安・格安なんて目じゃない!お金儲け海外旅行術!レビューはこちら



激安・格安なんて目じゃない!お金儲け海外旅行術!は、実は全く効果が無い?

そんな評判も聞きましたが、実際には凄い効果です!



有限会社 ジクシーさんが自信を持って世に送った情報教材激安・格安なんて目じゃない!お金儲け海外旅行術!を

超お得なシンプルだけどうれしい特典付きでお届けしています。





購入前はまだ不透明ですけど、実際のところは・・・

詳細はこのページのリンクから、本サイトへ飛びご確認下さい。

↓↓

優良教材激安・格安なんて目じゃない!お金儲け海外旅行術!レビューはこちら



て事で、あとはぐうたら日記です。

読み飛ばして下さい^^;



今日の朝のご飯は筍ご飯と、ゆでたまごと赤味噌のおみそしる

テンションが上がりますよね。



今日は7分で食べ終わり、8時20分に我が家を出発^^



駐車場に入り易いローソンに寄って、コカ・コーラを買いました(^^)



これが無いと、調子狂います。



会社に着いたら、今日もいつもと同様PCでヤフーニュースをみると

きょうの話題はこれで持ちきり?

↓↓

机を基地化せよ:
 机の基地化は、職場の人間関係を考慮してこそできること。ここでは具体的な人間関係のモデルを設定し、架空の登場人物を使います。舞台は、月光堂株式会社。約3万人の従業員を擁する大手日用品メーカーの本社オフィスです。

【拡大画像、ほか】

●登場人物の紹介

(1)三崎:主人公。32歳男性、独身。大学院修士課程を修了後、月光堂に入社。本社での研修を終えたあとは、地方の研究所から地方の工場の品質管理部門に転じ、商品開発と品質管理の最前線で働く。念願かなって本社の開発3課に異動となったが……。

(2)赤松課長(通称・アカハナ):開発3課長で三崎の直属の上司。43歳男性。一応既婚、子持ちらしい。なぜか鼻の頭がいつも赤い。開発の手腕というよりはゴマスリと世渡りのうまさでポストを獲得。ムチャ振りが多く部下からの人望はもう1つ。健康サンダルを愛用。ITリテラシーが低い。

(3)高杉(通称・出木杉):三崎と同期入社で同じく32歳。男性。未婚で修士卒。知識、能力だけでなく仕事ぶりもピカ一で、早くも世間が注目するヒット商品を生み出し、出世街道を猛進中。彼の机が価値を作り出す場所として巧みに設計されていることを知る人は少ない。

(4)大森(通称・ナダレ):36歳男性。開発3課主任。研究者としては独創的との評価がある一方で、机の上を整理する概念がなく、表面は常に見えない。斜めに置かれたキーボードを打てるのが特技。山のように積み重ねた資料や本が隣席を侵食し、ときには雪崩となって襲いかかる。

(5)石川(通称・コソドロ):年齢不詳の男性。40代らしい。主任。マッドサイエンティスト的な雰囲気をまとっている。常に人の机からペンやハサミなどの文房具を失敬するクセがある。

(6)山岡(通称・依存ちゃん):27歳女性、独身。入社3年目。仕事はソコソコこなすが、期待以上の成果を挙げたり自ら新しい課題に取り組んだりする意欲は乏しく、アシスタントから脱皮できない。調べれば済みそうなことをすぐ人に聞く。雑談とコンサバ系ファッションが大好き。残業は大嫌い。

(7)新田(通称・新人):24歳男性、独身。大学院を出て研修を終えたばかりの新入社員。まだ修業中で仕事はなく、アシスタントをしながら勉強中。仕事が少ないので、机はきれい。

(8)中沢課長(通称・ボス):開発2課長。42歳女性、独身。数々のヒットを飛ばすトイレタリー部門のエースで、業界で知らない人間はいない。月光堂初の女性プロパー役員も夢ではないとのうわさ。アカハナと同期。大器かつ美人で男女関係なく慕われているが、私生活は謎に包まれている。

●アカハナに突然呼ばれて……

 「三崎くん、ちょっと来てくれるか?」

 (出た! アカハナの「ちょっと」攻撃……)

 三崎がうんざりしてしまうのには理由があった。アカハナは、「ちょっと来てくれるか?」と声をかけて打ち合わせのような場を作る割に大した話題もなく、自慢のような説教のような、どうでもいい長話を一方的にする時間を好む傾向がある。そして面白そうに聞いていないと、たちまち不機嫌になってしまうのだ。

 これには課員の多くが閉口し、面倒くさがっている。そこで、まだ免疫の少ない三崎が格好の餌食になっている。

 しかも今回は、呼ばれたはずなのにアカハナに電話がかかってきて待たされるという最悪のパターンだ。では三崎が自分の席に戻っていいかというと、アカハナは「別命あるまで動いてはならん!」とでも言いたげな視線を投げてくる。仕方がないので、あきらめてアカハナを待ち続けた。

 「いやー悪い悪い、待たせちゃったね」

 5分後、アカハナが打ち合わせコーナーにやってきた。話題は、おそらく着任以来5回は聞かされている、7年前の商品開発秘話だった。

 (要するに、これってロイヤリティーを試されているだけなんだな)

 三崎はメモをとるふりをしながら、こっそりアカハナの似顔絵を描き始めた。

●職場のみんながあなたの机を見ている

 どれだけ自分の机の上(秘密基地)を充実させても、ずっとそこにこもり続けるわけにはいきません。会議や打ち合わせ、来客の応対だけでなく、外出や出張、帰宅したあとなど、デスクを離れている時間は決して少なくありません。

 しかも三崎くんの例のように、上司から声をかけられて急に離席せざるをえなくなることもあります。いつ席を離れてもいいように、あらかじめ備えておく必要があるのです。

 明日オフィスに行ったら、離席している人のデスクを観察してみてください。机が無人であるということは、ただそこに主がいないというだけでなく、さまざまな人が、主のいない状況で机にアクセスしている事実に気が付くはずです。

 電話がかかってきても不在ですから、代わりに用件を聞いてくれた人がメモを貼り付けに来ます。伝票や回覧資料、郵便物を届けてくれる人もやってきます。彼らは実際に机までやってくるのですから、意図的かそうでないかにかかわらず、机の様子を見てしまうことをまずは認識する必要があります。あなただって、今離席している人宛ての電話をとれば、メモを書いて貼り付けるときにのぞき見しようとは思っていないのに、ちらっと何らかに目が行ってしまうことがありますよね。

 他人の中に存在している自分のイメージは、自分では意外に操作しにくいものです。相手が能動的に得た情報のほうが優先されることが多いからです。

 誰かがあなたの机の上で得た情報源は、置かれている資料や本の題名かもしれませんし、あるいは散らかっているか整頓されているかなどの見た目かもしれません。まずは「見られている」意識を持つことが大切なのです。

●「表紙つきメモ帳」で面倒な上司対策を

 さて、いつでも離席できるように最低限準備しておきたいのは次の3つです。


1. ノート
2. メモ帳
3. 筆記用具

 ノートの詳しい活用法については、拙著『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』(ナナ・コーポレート・コミュニケーション)などで述べています。仕事用のメインとなるべきA5サイズのノートで、アイデアやさまざまなメモを時系列に集約しておけば、急に席を離れなければならなくなっても取りあえず手元にこのノートさえあれば対応可能です。

 ノートと別にメモ帳を持っていく理由は、少し複雑です。本当はノートだけですべてを済ませたいところですが、先ほどのアカハナのように差し向かいで打ち合わせをしている場合、ノートしか持っていないと何をメモしているのか、相手に見られてしまいます。

 アカハナは、上司としての自分を押し付けているだけであまり話の中身がありません。要するにまだ部下になって日の浅い三崎くんに対して、権威を誇示したいとか、自分の存在感を示したい、自分へのロイヤリティーを試したいなどという意図が透けて見えます。

 会社には、このような上司はたくさんいます。こういったときには、話を聞かされるほうはメモをとる必要性がありません。しかしどの会社にも一定数存在するこうした面倒くさい上司や先輩を相手にするとき、1つのマナーというか、自己防衛策として「メモをとっているふり」をしなければなりません。

 書いているメモ自体に意味はないのですが「あなたの話を聞いていますよ。重要だと思っていますよ」という意思を表示するだけのために、ペンを走らせている必要があります。従って極論すればメモの内容は何でもいいのです。

 こんなとき、ノートとは別にしっかりとしたタイプのメモ帳を持っているととても便利です。メモ帳を選ぶときのポイントは立派な表紙(カバー)が付いていること。メモをとるには表紙を立てなければなりませんから、自然に目隠しの壁を築けてメモの内容を読みとられないようにできるのです。

 この機能は、もちろん本質的に役立つときもあります。社外の人と話し合いや交渉をするとき、何をメモしているのかは秘密にしたいところです。こんな場合、表紙があればきっちりと隠せます。

 机の上でのノートの位置は、電話のある左側にします。そしてメモ帳は右側。電話を受けたときにメモをとるときはメモ帳を使い、それをもとにあとからノートや手帳に清書するからです。急に声をかけられたら、左からノート、右からメモ帳、そして同じく右側に置いたペン立てからボールペンを抜けば、最低限の準備は完了です。

●ノートには「名刺」を5枚入れておく

 ちょっとした準備や気づかいで手間を回避できたり、評判がよくなったりすることがあります。ノートには、そういうネタを仕込むこともできます。

 まず名刺入れとは別に、ノートには必ず名刺を5~10枚くらい入れておくようにしてほしいのです。アカハナのような人に限った話ではありませんが、平社員のうちは、上司や先輩が来客と話している席に、予告もなく呼ばれるようなことがあります。当然、名刺交換をしなければなりません。

 しかし一般的に名刺入れや名刺ケースは、カバンの中か上着の内ポケットに入れていることが多いはずです。もし席に戻らなければならないとすると、大きな会社では、会議室や打ち合わせスペースと自席がかなり離れている場合もあり、往復するだけで相手を数分は待たせることになります。

 もちろん突然の名刺交換なのですから、準備ができていなくても責められるようなことはないでしょう。

 しかし慌てて一度席に戻り名刺入れを持って戻るころには、話題は2つも3つも先に進んでしまいます。自分よりもかなり上の立場の人が今にも帰ろうとしているパターンでは、先方の名刺を受け取るだけ受け取って、おわびを述べながらあとから郵送するなどと言い訳をしなければなりません。相手に与える印象はよいものではないでしょう。面倒な作業が発生する割に、あまり意味がありません。その場で交換できたほうがいいに決まっています。

 持ち歩いているノートに名刺を入れてさえおけば、こうした面倒を回避できます。また大企業の場合、同じ会社の社員同士でもメールアドレスや内線番号を知らせ合うために便宜的に名刺を交換するケースもあるはずですから、いつでも名刺を持っておいて、決して損はしません。ノートだけでなく、財布などにも分散して入れておくとよいでしょう。

 うっかり名刺を切らしてしまっていた場合のリスクを回避できますし、急にパーティーなどに参加することになって、大勢の人と名刺交換をしなければならなくなった場合のバッファにもなります。

●女性にモテる「イケメンアイテム」はこれ

 名刺ほど役立つ機会はないかもしれませんが、もしいいタイミングで出せた場合ヒーローになれるアイテムがあります。バンドエイドです。

 オフィスは紙を扱う機会が多い場所ですし、特に冬場はとても乾燥しています。何かの拍子に指を切ってしまうようなケースは、意外にあるものです。新しい靴を下ろしたとき、靴擦れを起こしてしまうこともあります。僕も経験がありますが、あれは耐えられない痛さです。

 そんなとき、すっとバンドエイドが出てきたら誰でも感激します。一昔前の「法則」には、男性にモテる女性は小さなソーイングセットとバンドエイドをいつでも持ち歩いている、という類のものがあったような気がしますが、女性がケガしてしまったときに男性から出てくると、意外感もあってより効果的なのです。僕は子どもがいつケガをしてもいいように持ち歩いていたバンドエイドが、たまたま指を切ってしまった女性に役立ち、えらく感激されたことがあります。

 バンドエイドは200~300円で買えますし、薄くて小さいものですから、手帳に入れたまま忘れてしまっても何もストレスは感じません。数年に1回役立つかどうかでしょうが、仕込ませておいて損はありません。もちろん自分のケガにも使えますし、防災対策にもなります。

●まとめ

名刺もバンドエイドも、薄くてかさばらない割に、いざ必要になったときにすっと出すと重宝がられる。一度準備しておけば、普段は忘れていてもOK。

[美崎栄一郎,Business Media 誠]
(この記事は誠 Biz.IDから引用させて頂きました)



うそっ(*_*;

本当かな~



ではでは。本日の作業予約。

M君によると何も売らないアフィリエイトに18時間と、ヤフオクで出品作業に2.5時間。



なかなか大変だけど予定通り進むでしょう。



稼がねば、母ちゃんに叱られる・・・



稼ぐのであれば、これかも

↓↓





あら^^かんけー無い?

またやっちゃった?



それより、晩メシは何しよ?

ハンバーグかお寿司がくいてーなー^^;



これも良いか?

↓↓





では今度のブログ更新はこの後数時間後になると思います。

カミングsoon!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。